第2回 記憶の彼方に 豪ドル円

こんばんは。まんだむです。

今回は豪ドル円が50円台を付けた2009年初頭の記憶を思い出して記事を書いてみます。

 

前回の記事に書きましたが、まんだむがFXを始めたのは、2008年の初頭になりますので、2009年はFXを初めて約一年後ですね。

 

実は、2008年まんだむはNZにワーキングホリデーで日本を2か月ほど離れていました。

 

ワーキングホリデーで海を渡ったまんだむは2週間ホームステイをしました。泊まらせていただいた方々には非常に良くしていただきました。

しかしながら、2週間の契約だったので、2週間後、ステイ先を出ていくことになりました。

他の場所にも行ってみたかったので、アレクサンドラという南の町に移動しました。

バスで移動したのですが、最悪でした。

そとの風景はひたすら山、山、山・・・・。たまに羊・・・。

また、NZのバスはめちゃくちゃに飛ばします。

出発してすぐに、バスのフロントガラスは虫の死骸でいっぱいになりました。

 

そんなこんなでヘロヘロになりながらも、無事、アレクサンドラに到着しました。

その後、バックパッカーズという小さな住処で1週間過ごしました。

 

アレクサンドラには図書館があり、本を読んで勉強しました。しかしながら、全然英語が身につかず、また、FXで貯金を切り崩してしまったこともあり、海を渡って3週間ほどで日本に帰ろうと決意しました。

 

クイーンズタウンから飛行機で帰ろうと思い、クイーンズタウンへ向かいました。

 

クイーンズタウンでもお金がないまんだむはバックパッカーズで最後の夜を過ごしました。

 

そこで運命を変える出会いがありました。

 

その出会いのおかげで、出国が1ヵ月伸びました。この話はまた次回お話しします。

 

前置きが長くなりましたが、2009年2月、豪ドル円を60円を割ったときのことは今もよく覚えています。

 

たしか外為どっとこむのレート表が豪ドル円56円を付けていました。

 

「なぜこの時に豪ドル円を買わなかったんだ?」

 

この時にFXをやっていなかった方はそう思うでしょう。

 

スワップ狙いで持っとけよ」どこからともなく声が聞こえてきそうです。

 

しかしながら、まんだむには豪ドル円をロングする勇気がありませんでした。

 

ドル円は2008年9月には90円以上もしていたのですが、2009年2月には60円を割っていました。

 

あまりに勢いよく毎日暴落していたので、当時はロングしたところですぐにロスカットをくらういう心理が脳内に自然と埋め込まれていました。

 

それだけではありません。なんと国内業者のほとんどがマイナススワップだったのです。

 

政策金利は3%以上あったのに何故かマイナススワップ。もう訳が分かりませんでした。

 

まあ、ロングできた方もいらっしゃると思いますが私にはロングできませんでした。

 

ちなみにまんだむは豪ドル非常に相性悪いです。

 

前置きが長くなりすぎて、もはや何の記事か訳が分からなかったと思いますがこれからもよろしくお願いします。

 

第1回 記憶の彼方へ スイスフランショック - kokosuki22’s blog