海外FX キャンペーンソルジャー マンダムの突撃FX

仕事をしたくないと切に願う、1人の男のFX物語 twitter @KAIGAIFX222

第100回 ECB政策金利発表|2019年1月24日 傾向と対策 利上げはいつ頃?

こんばんは!マンダムです!

今回のお題は・・・

「2019年1月24日発表のECB政策金利

 

こちらの傾向と対策を記事にさせて頂きます。

 

まず、こちらは1月4日のロイターの記事です

 

ロイターより引用

欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は4日、ECBの政策金利について、インフレ目標の達成に必要な限り長期にわたって、低水準に据え置かれるとの見通しを示した。 

ECBは少なくとも2019年夏までは政策金利を現行水準に据え置く方針を示している。

 2019年一発目となる今回ですが、利上げはなしで間違いないでしょう。

参考資 ECB政策金利の推移

みんかぶより引用

 

f:id:kokosuki22:20190108180737p:plain

 

クーレ専務理事は次のようにも述べています

ロイターより引用

専務理事は、貿易摩擦に対する懸念で経済が減速しており、新たな金融危機のリスクがあるとも指摘。「非常に警戒する必要がある」と述べた。

 ECBの今年の利上げに関しては不透明な部分も多く、今現状ユーロを買うというのは時期的に早そうです。また、FRB(米連邦準備理事会)の利上げは今年1~2回を想定しており、ドル>ユーロの関係値は今年も続きそうです。

ユーロドルが反転するのは早くても2019年の中旬以降ではないでしょうか?

 

まずは昨年の1月のユーロドルの値動きを見てみましょう。

f:id:kokosuki22:20190108180009p:plain

上髭の長い中央の陰線の足が25日の日足です。この頃は1.25付近だったんですね。

去年一年でユーロドルはかなり値を下げましたね。

それもそのはず、アメリカの利上げが4回合わせて1%に対しユーロは一年現状維持でしたからね。先ほども述べたように、2019年前半はこの流れを引き継ぐと私は思います。

 

次に、昨年のECB政策金利発表時の15分足

f:id:kokosuki22:20190108181609p:plain

ドラギ総裁の発言を受けてユロドル急上昇

政策金利発表時の15分足はドラギ総裁の発言のより前の足になりますので本とんど動かず。逆に、ドラギ総裁の発言でユーロドルは大きく上昇。

結構動いていますが、結局その後全戻ししていますね。

去年のチャートにならうと、1月の政策金利発表まではユーロドルは上昇。

政策金利発表後一年間のダウントレンドに突入という流れになるかもしれません。

 

以上2019年1月24日ECB政策金利の傾向と対策でした。

 

【海外FX キャンペーンソルジャー マンダムの突撃FX】ではハイレバレッジで人気の海外FXの特集を行っています!是非参考にしてください!

oozonkaigaifx.hatenadiary.jp